仮想通貨に関連した技術

モナコインがアトミックスワップに成功

モナコインがアトミックスワップに成功しました。

というニュースが流れ、アトミックスワップとは何かと疑問になったので、調べてみました。

アトミックスワップとは

異なる仮想通貨同士を、第三者の仲介なしに取引が出来る仕組み。

うーん、わかりにくい(泣)

いろいろな技術的な難しいことをすべて端折って簡単に説明すると。

まず、モナコインとBitcoinそもそも直接売買する事はできません。

取引所が、モナコインとBitcoinのペア取引に対応していればそれは可能です。

この取引所が第三者

取引所を介しているので、

  • 手数料が少なからずかかる
  • 取引所に預けているとGOXされる危険性あり
  • 取引所のサーバーの仕様で取引が遅くなることがある。

ということで、アトミックスワップ

アトミックスワップがなければ、ユーザーAがユーザーBへモナコインを送金、ユーザーBがユーザーAへビットコインを送金する場合、悪意のあるユーザーBは、モナコインの到着があったら、ビットコインを送金せずバックレちゃう。

しかし、アトミックスワップがあれば、図のとおり、送金するときは、お互いに安全な鍵付きの箱へ入れ、さらにお互いの受け取りが確認できなければ、送金は行われません。

つまり、第三者の取引所が介さないので、やりとりはシームレスで安全に送金できる。

しかも、異なる仮想通貨間で!!

※図や解説でビットコインの表記が出てきますが、今回成功したのは

Decred(ディークレッド/DCR)

という仮想通貨とのアトミックスワップです。

極力分かりやすく説明するためビットコインの表記をしました。

何がスゴいの?

つまり、取引所を介さないということは、もし、世界的に取引所が閉鎖されても

仮想通貨のトレードができてしまう

訳で、世界的に仮想通貨を規制しようという話はナンセンス、禁止にすることは絶対にできないのです。

まとめ

  • モナコインがアトミックスワップに成功
  • 第三者の取引所無しで異なる通貨ペアで取引が出来る
  • 第三者を介さないのでGOXの危険性が減る
  • 送金が高速
  • 手数料がかからない

ハッキリ言って利点しかありません。

モナコインは世界的に非常にマイナーなコインです。

しかし、日本発のコインで成功したことは喜ばしいことですし、全世界に発信しなければならないところでもあります。

世界の人々がモナコインを知ってくれればその価値はもっと上がるはずです。

モナコインはどこで買える?

もし、これから仮想通貨に参入しようと考えている人は、モナコインの取引所で手数料が安いZaifがオススメです。

販売所で手数料が多く取られますが、初心者でも簡単に買えるBitflyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

がおすすめです。

どちらも、日本国内の取引ですから安心して取引ができます。

前述のとおり、モナコインが上がらない要素はないので、今のうちに手に入れておいた方がいいと思います。


↓↓↓ブログランキング、よかったらポチって下さい。

仮想通貨ランキングへ
こんな記事も読まれています