NANJCOIN

NANJとNANJCOINの商標権

ちょっと真面目な話です。

地味ですが非常に大切な話で、今後NANJ株式会社が活動する上で必ずぶち当たる問題なんです。

NANJとNANJCOINの商標権を早急に取得すべきという話。

社畜な私ですが、商標を管理する部署にいたことがあるので、ちょっと気になりまとめました。

商標権とは

企業名とか、商品名やロゴ等を特許庁へ申請登録しておくことで、商標権を得て権利を保全するというものです。

難しいですね。

簡単に言うと、ブランド商品の名前と一緒。

エルメス、グッチ、コーチ、アシックス、アディダス等ほとんどの企業は、自社の商品や自社名を商標登録しています。

商標法という法律に基づいて申請取得しているんです。

商標を取得すると、いわゆる商標権、その商標を使う権利を取得できます。

権利があるということは、権利を持たない者は一切使えないという事なんです。

勝手に企業のロゴや商品名を付した商品を売ったり、コピー商品を作ったり、宣伝に利用したりという権利を侵害してはならないと決めているからです。

もしも、商標権を取得していないと、勝手に使われても文句を言えないということ。

詳細は特許庁のサイトを参考にして下さい。

商標登録をすることによるメリット

  • 登録した商標を独占的に使用することが出来ます。
  • もしも勝手に商標を使われた場合に、民事的な手続きや刑事事件として訴え出ることが出来ます。
  • 勝手に使われたことで受けた損害について賠償を求めることが出来ます。

商標登録をしないことによるデメリット

  • 商標を登録していないので、勝手に使われても法的な手続きが困難になります。
  • 商標ゴロが勝手に商標登録をして、商標権を盾に莫大な権利移転費用を請求され、解決に時間がかかってしまう。
  • 勝手に商標を使われたことによる企業イメージの大幅な低下

NANJ株式会社が取得すべき商標

先ずは、NANJCOINの図形商標

 

NANCOINの画像商標は、登録必須と考えます。

各種スポンサーになった場合は、このロゴをユニホームなどに付してもらったり、様々な商品につけたりと、NANJCOINブランドを守る必要がありますか

ら。

さらに、ロゴや画像の他に文字列での登録も可能なため

NANJ、nanj、NANJCOIN、nanjcoin、なんJ、ナンJ、ナンジェイコイン

様々なパターンでの登録が出来ますから、考えられるそれぞれを登録しておかねば、勝手に知らない間に商標登録されていたということになりかねません。

商品の区分と役務

商標登録には、ロゴや文字列の指定の他、その商品の区分と、役務(主に何んのサービスに使うのか)という事を一緒に登録します。参考まで、その一覧を載せておきます。

商品と役務の区分
商品の区分

第1類 工業用、科学用又は農業用の化学品 第2類 塗料、着色料及び腐食の防止用の調製品 第3類 洗浄剤及び化粧品 第4類 工業用油、工業用油脂、燃料及び光剤 第5類 薬剤 第6類 卑金属及びその製品 第7類 加工機械、原動機(陸上の乗物用のものを除く。)その他の機械 第8類 手動工具 第9類 科学用、航海用、測量用、写真用、音響用、映像用、計量用、信号用、検査用、救命用、教育用、計算用又は情報処理用の機械器具、光学式の機械器具及び電気の伝導用、電気回路の開閉用、変圧用、蓄電用、電圧調整用又は電気制御用の機械器具 第10類 医療用機械器具及び医療用品 第11類 照明用、加熱用、蒸気発生用、調理用、冷却用、乾燥用、換気用、給水用又は衛生用の装置 第12類 乗物その他移動用の装置 第13類 火器及び火工品 第14類 貴金属、貴金属製品であって他の類に属しないもの、宝飾品及び時計 第15類 楽器 第16類 紙、紙製品及び事務用品 第17類 電気絶縁用、断熱用又は防音用の材料及び材料用のプラスチック 第18類 革及びその模造品、旅行用品並びに馬具 第19類 金属製でない建築材料 第20類 家具及びプラスチック製品であって他の類に属しないもの 第21類 家庭用又は台所用の手動式の器具、化粧用具、ガラス製品及び磁器製品 第22類 ロープ製品、帆布製品、詰物用の材料及び織物用の原料繊維 第23類 織物用の糸 第24類 織物及び家庭用の織物製カバー 第25類 被服及び履物 第26類 裁縫用品 第27類 床敷物及び織物製でない壁掛け 第28類 がん具、遊戯用具及び運動用具 第29類 動物性の食品及び加工した野菜その他の食用園芸作物 第30類 加工した植物性の食品(他の類に属するものを除く。)及び調味料 第31類 加工していない陸産物、生きている動植物及び飼料 第32類 アルコールを含有しない飲料及びビール 第33類 ビールを除くアルコール飲料 第34類 たばこ、喫煙用具及びマッチ

サービスの区分

第35類 広告、事業の管理又は運営及び事務処理及び小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供 第36類 金融、保険及び不動産の取引 第37類 建設、設置工事及び修理 第38類 電気通信 第39類 輸送、こん包及び保管並びに旅行の手配 第40類 物品の加工その他の処理 第41類 教育、訓練、娯楽、スポーツ及び文化活動 第42類 科学技術又は産業に関する調査研究及び設計並びに電子計算機又はソフトウェアの設計及び開発 第43類 飲食物の提供及び宿泊施設の提供 第44類 医療、動物の治療、人又は動物に関する衛生及び美容並びに農業、園芸又は林業に係る役務 第45類 冠婚葬祭に係る役務その他の個人の需要に応じて提供する役務(他の類に属するものを除く。)、警備及び法律事務

商標ゴロとは

時事的に話題になった言葉を軒並み商標登録申請をしておき、当社が先に取得しているから権利移転代金を払え若しくは、先に申請しているから取り下げてほしかったら金を払えということを商売にしている会社を言います。

過去にピコ太郎のPPAPやアッポーペン等を登録しようとして話題になりました。

こんなヤクザに言いがかりをつけられないように、絶対に今のうちに商標登録をしておくべきなんです。

NANJとNANJCOINの商標登録まとめ

日本社会と国際社会で事業を進めていくうえで欠かせないのが商標登録です。

商標登録をすることで、その企業のロゴや社名等が法律で守られます。

ですので、可及的速やかに商標登録をする必要があります。

ですが、NANJは元2ch現5chから発生した、皆のものでもあります。

もしかしたら皆のNANJを一企業が商標登録することは許さないという意見もあるかもしれません。

なので、NANJ民の意見を聞きながら

NANJ民やブロガー等個人で使用する場合は商標権の主張はしない等

NANJ株式会社と折り合いをつけて決定するプロセスが必要かも知れません。

※本件、外側から騒ぐのではなく、フロント(運営)へDiscord内からDMにて報告させていただきました。

ススメのNANJCOIN関連記事

CoinExchangeの登録がまだならサクッと登録しちゃいましょう。

CoinExchangeに登録しよう

CoinExchangeへビットコインを送金する手順

CoinExchangeにビットコインを送金してみよう

CoinExchangeの使い方をざっくり解説

CoinExchangeの使い方

仮想通貨NANJCOINのウォレットは

仮想通貨NANJCOINのウォレットはHBWalletで決まり!!


↓↓↓ブログランキング、よかったらポチって下さい。

仮想通貨ランキングへ
こんな記事も読まれています