子ども達を守る

NANJCOINが守りたい子どもたちの命・未来

あたしNANJCOINです。

2018年1月18日生まれでまだ生まれたてのホヤホヤ

でも、みんなに温かく見守ってもらい、1satで生まれたあたしも今は20satです。

最近、あたしが大きく成長したら、不幸な子ども達を守りたいと思っています。だって、NANJ株式会社のやーぼさんがTwitterでそんなコメントをしていたんですもの。

NANJCOINが成功したらどうしたいんだろう

私の夢は・・・

あっすいません、擬人化したNANJCOINの声から、このブログの運営ジージョへバトンタッチしました。

私の夢、NANJCOINがMOONした後の夢・・・

NANJCOINがMOONした後の夢は、住宅ローンの完済と社畜の卒業

ですよ、ちゃちい夢ですいませんハイ。

でも、よくよく考えてみたんです、社畜を卒業した後はどうするの?ずっと考えていましたがどうしても思いつきませんでした。

社畜を卒業するのが夢で、その先の夢を、ビジョンを描いていなかったんですね。

皆はNANJCOINで億り人になった後は何をしたいんだろう。

と疑問を抱いていたら、NANJ株式会社やーぼさんがスゴイコメントをしていました。

やーぼさんの偉大なコメント

Twitterでやーぼさんは先の5歳女児の虐待死について偉大なコメントをしています。

さすがやーぼさんやで

激しく同意です。

苦しかったんだろうな、寂しかったんだろうな、ギューっと抱きしめて欲しかったんだろうな、温かい愛情が欲しかったんだろうな

と思うと、胸が苦しくて涙が出ます

私も5歳女児の父です。ニュースで虐待死が明るみに出てせめて自分の子供だけでもと何度もギューと抱きしめました。

そしてこの書き込みをみて、私もやーぼさんの思いを受け取りました。

NANJCOINが成功して億り人になり、社畜を卒業したその時、子供たちを守るシステムを作りたい。

NANJこども財団!

NANJこども基金!

  • NANJで成功を収めた人がNANJを通じて
  • 虐待にあった子供たち
  • 親に捨てられた子供たち
  • 不幸にも両親が亡くなってしまった遺児たち
  • 子育てに悩む親御さん

を救うことが出来るそんな組織を作りたい。

子どもを守ための民間人組織を作るには

いまでも、子どもを守る民間組織はあります。

例えば

NPO法人児童虐待防止協会

1990年3月、児童虐待を防止するために、日本で初めて、医療、保健、福祉、法曹、教育、報道などの関係者により創設された民間団体です。虐待から子どもを救い、親を援助するためのさまざまな活動を行い虐待防止の社会システムを構築することを目指しています。
2000年の「児童虐待防止等に関する法律」の施行を機に、2002年4月、特定非営利活動法人として再出発しました。

NPO法人児童虐待防止協会のHPから引用

意外と古くからある民間団体で、NANJがお手本とすべき団体であると思います。

厚生労働省とも連携をとり、児童虐待撲滅に向けた活動をしているようです。

活動資金はどうするのか

キレイごとを言っても、必ずや必要になるのは活動資金です。

上記の組織は、寄付により支えられているようです。

NANJが新団体を作った際は当面は持ち出し資金で、後に寄付を募るかチャリティースポーツイベントにより投げ銭を受けるかですかね。

憲章・理念を決め活動

憲章

  1. 私たちは子どもの命を守ります
  2. 私たちはスポーツを通じて子供たちの心を守ります
  3. 私たちはスポーツを通じて子育てを支援します
  4. 私たちは関係機関と連携をとりスポーツを通じて社会貢献をします

設立は、NANJCOINが成功をしたらでいいのか

いやいや、直ぐにでも行動すべきでしょう!

私もそう思っていましたが、この記事を書いているうちに、ちょっと理想と現実は違うと感じました。

記事を書いていて、文章が浮かんできません。

子どもの虐待に関する法的知識等の専門知識に乏しく、記事を書いていても説得力がある文章にならないんですね。

知識に勝る武器はありません。技術者の端くれである私は、長年感じていました。

子供たちの虐待や守るための法律、取り巻く環境について本気で勉強をしなければ、理想だけあっても実現しません。

なので、近い将来訪れるであろうNANJCOINの成功の時に向けて、私は

子供たちの虐待に関する法律や守るための法律、取り巻く環境

を本気で勉強することにします。

なので、当ブログでは、仮想通貨の他に子ども達の虐待に関する法律等の記事も併せて公開していきますのでよろしくお願いします。


↓↓↓ブログランキング、よかったらポチって下さい。

仮想通貨ランキングへ