仮想通貨に関連した技術

イーサリアムトークンERC721とは?

ERC721とは?

イーサリアムトークンのひとつで、NANJCOINが採用したERC20互換のERC223とは別のトークンになります。

では、どんなものなのか?

技術的な解説は無く超ざっくり解説します。

なので、もっと詳しく説明するとちょっと違うんだけどな~

というのは割愛をお願いします。

ERC721トークンの特徴

ERC20の問題点を克服するためにERC223トークンが定義され運用されています。

送信できない

  • アドレスへ送った場合の取り消し
  • 安価な送信手数料

などが実装され、NANJCOINなどのトークンに採用されました。

ERC721は、ERC223とは別の方向可能性を持たせて開発されました。

一番の特徴が

  • NFT(Non Fungible Token)

という機能です。

代替不可能なトークンという意味で、超ざっくり言うと

トークンに帰属情報、所有者情報を載せる事ができる

というもの。

そのトークンが元々誰が持っていて、所有者の移転はどうなっているのか分かるようになります。

代替不可能な土地、株、証券、契約などの用途の他、実はゲームとの親和性が高いトークンです。

ERC721トークンとゲーム

前回の記事で紹介したCryptokittiesは、自分だけの猫を育て、トレードし交配してと世界でたった一匹のキャラクターを育てるゲームです。

代替不可能なトークンをDNAと見立てて、世界でたった一匹を実現しています。

世界でたった一匹を実現するためにブロックチェーンを使わなくてもいいじゃん。

はい、確かに

ちょっと図式で説明します。

従来型のネットワークゲーム

従来型のオンラインゲームでは、ゲーム内のアイテム所有者情報などは、オンラインゲーム運営会社のサーバーに保存されていました。

オンラインゲームソフトからそれらデータは限定的(ユーザーのもの)にゲームソフトの機能を用いて利用することが出来ました。

しかし、例えば

勇者の剣を限定100本をオンラインゲームのクエストをクリアしたら手にはいるよ~

なんてオンラインゲーム会社が規格したとします。

本当に100本なの?1000本位配っちゃうんじゃ?

と思ってもサーバーを参照する術が無いので運営会社を信じるしかありません。

ERC721を利用したオンラインゲーム

一方、ERC721トークンを使い、イーサリアムブロックチェーンをデータベースとして利用した場合、ゲームソフトからブロックチェーンを参照することも、直接ブロックチェーンを参照することも出来ます。

ブロックチェーン=分散型台帳

誰でもオープンで閲覧できることから

勇者の剣100本

の証明をすることも可能になり、透明性の高いゲームを作ることが可能になるんですね。

また、ERC721の機能を使い、元々の帰属情報や現在の所有者情報、取引情報が記録できて、分散型台帳での保管となれば改ざんも難しい。

次世代のオンラインゲームの開発に非常識に役に立つトークンなんです。

まとめ
  • ERC721トークンは、代替不可能トークン、つまりトークンに帰属情報、所有者情報、取引情報を記録できる
  • 唯一無二のトークンとなるので、株、証券、土地の取引の他、オンラインゲームとの親和性が高い
  • ゲームアイテムなどの所有データがブロックチェーンで公開され透明性が高い=運営会社の不正や不正アクセスによる改ざんが難しい

↓↓↓ブログランキング、よかったらポチって下さい。

仮想通貨ランキングへ
こんな記事も読まれています