アラフィフ会社員がNANJCOINを中心に団塊Jr.が食いつくネタを紹介します
販売所取引所の紹介

解説!bitflyer(ビットフライヤー)のメリット、デメリット、評判

ビットコインでFXをやるならbitflyer(ビットフライヤー)

FXって知っていますか?

bitflyer(ビットフライヤー)の特徴はなんといっても、ビットコインでFX取引ができる。

FXとは簡単に言うと、少ない資金で大きな額の取引が行える取引きの事をいいます。

例えば手持ち資金10万円あれば、その10倍の150万円での取引が出来る仕組みをFXといいます。

少ない資金で大きな取引

なので、逆に、少しの損も大きくなるので、ハイリスク、ハイリターンの投資方法であり、利益を出すにはそれなりの経験や知識が必要となります。

bitflyer(ビットフライヤー)のメリット

先ほどのFX取引が出来るのがbitflyer(ビットフライヤー)で、取引手数料も無料です。

また、FXを使わなくても、現物のビットコイン取引手数料が安い、取引所形式

例えるなら、フリーマーケット

でお客同士で売買ができるので、非常に手数料が安くて済みます。

ビットコイン販売所と bitFlyer Lightning はどこが違うの?

ビットコイン販売所では bitFlyer が取引相手となりビットコインの売買が行われます。お客様は bitFlyer からビットコインを購入、または bitFlyer にビットコインを売却します。

一方、bitFlyer Lightning ではお客様同士の発注、取引を行うプラットフォーム(取引所)を bitFlyer が提供いたします。また、Lightning FX(ビットコイン FX)Lightning Futures(ビットコイン先物)では最大 15 倍のレバレッジで取引ができます。

※bitflyerHPから引用

ここで注意しなければならないのは、ビットコイン販売所での手数料無料表記。

手数料は売買価格の差異を大きく取っているので、BitFlyerは、その差額で儲けるようになっています。

ですから、ビットコインを販売所で買うのはもったいないのです。

ですから、bitFlyer Lightningを使ってビットコインの現物売買をすれば、非常に安い手数料でビットコインが買えるということになります。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

販売所を使うのがバカらしい。

私個人的にメリットと思うのはもう一点

国産の仮想通貨である

Monacoin(モナコイン)

が買えるということ。これはメリットと言わざる負えません。

日本人は日本国産仮想通貨を買って、日本を盛り上げよう。

ただし、手数料の高い販売所形式ですが、やはりモナコインが買えるのはメリットです。

bitflyer(ビットフライヤー)のデメリット

取り扱っているアルトコインの銘柄が少なく、取引所形式では買えない。

  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン

扱っているアルトコインは以上。※2018年1月16日現在の情報

※ ただし、一度bitFlyer Lightningでビットコインを買っておいて、それを資金にアルトコインの取引は出来ます。

ちょっと複雑で分かりにくいのでオススメしませんが。

やはり、販売所で買うのはお勧めしません。上乗せされる手数料がバカにならないからです。

まとめ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
私がBitFlyerを選ぶ理由は

  • bitFlyer LightningでビットコインFX取引をしたい
  • bitFlyer Lightningでビットコインの現物が欲しい
  • 国産の仮想通貨Monacoin(モナコインが欲しい)

以上の目的がある人は、BitFlyerを選んで、ビットコインライフを送りましょう。


↓↓↓ブログランキング、よかったらポチって下さい。

仮想通貨ランキングへ