アラフィフ会社員がNANJCOINを中心に団塊Jr.が食いつくネタを紹介します

自己紹介とこのサイトの運営方針について

自己紹介

私は、昭和47年生まれの四十半ばの会社員です。

愛称は「mr-gigio(ミスタージージョ)」と申します。

いわゆる団塊ジュニア世代で、高校卒業した後に某会社に就職し現在に至っています。

仮想通貨を始めたのは2017年5月からですが、ビットコイン FXで100万円を溶かし、その後その資金を回収したいと活動中。

このサイトの運営方針

2018年3月にNANJCOINと出会ってから、その魅力に取りつかれ、このブログはほぼNANJCOINの事した書いていません。

それまでは

40代、50代のアラフィフ世代は「仮想通貨って話題になっているが良くわからない。詐欺なんじゃないか。」と思いながらも、本当はやって見たいと考えている人も多くいるのではないかと思いから

アラフィフ世代へ向け四十路半ば会社員が解説する仮想通貨ブログ

として立ち上げ運営してまいりましたが、

2018年4月15日から正式にNANJCOINに特化したブログへと変更します。

これまで、アラフィフ世代で応援していただいた方には大変申し訳ございません。

しかしながら、これからも、アラフィフ世代にも分かりやすい解説でブログを運営していきますのでこれからもどうぞよろしくお願いします。

また、さらに詳しいサイトを立ち上げた背景についても最後に記載していますので読んでいただけるとありがたいです。

なお、当サイトで紹介する仮想通貨を買った利益損益は、あくまで自己責任でお願いします。

サイトを立ち上げた背景

先ほど自己紹介に記載したとおり、昭和47年生まれの四十半ばの会社員です。

子供の頃から、「大人になったら会社に勤め、退職まで勤め上げるのが美徳」と教えられ、就職後もそれを疑問に思わずに愚直に勤めてきました。

40歳を越えた頃からふと「会社員の折り返しでもあり、人生の折り返しの年齢になったな。」と思うようになりました。

そして、今までの勤め人人生を振り返り、今後の人生のビジョンを描こうとしたが具体的な姿が見えず、今後の人生に不安を覚えるようになったのです。

これからの会社は大丈夫か?

倒産すれば路頭に迷う!

定年退職後の年金は?

不安が次から次へと襲います。

バブル経済崩壊後の失われた20年、日本の会社の多くが、業績悪化によりリストラを図り、製造拠点を海外に移しました。

当然、私の同僚部下もリストラされ、残された社員に倍以上の業務がのしかかりながらも、残された皆で乗り越えればきっと光は見える一致団結して乗り切ろう。

と、精神論のみで社畜となりボロボロになりながらも現在に至っています。

ある日、朝の通勤電車でラッシュの人ごみに揉まれながらとあるブログ見て、衝撃を受けました。

ある人気ブログのコピー

「まだ東京で消耗しているの」

を見た時です。

「そうなんだよ東京で消耗しているんだよ、いま通勤電車に揉まれているよ。」と思いながらも、地方でアフィリエイトの収入で生活をしているブロガーの記事を見て、その生きざまというか、若いながらもその考えに芯があり、共感してしまったのです。

「東京で消耗する生活を終わらせたい。」と日本円/USドルペアのFXを始めるもうまくいかず、ビットコインが伸びると聞き、ビットコインFXを始めました。

結論から、ビットコインFXで資金を溶かしてしまい、「東京で消耗する生活」は今だに続けています。

しかし、その経験がビットコインを含む仮想通貨の知識を深くしたのも事実で、この経験や知識を誰かの役に立てたいとこのブログを開設したのです。