いとしの早生まれKIDS
早生まれの娘を私立小学校へ合格させた四十路ママパパが
早生まれの子育てを発信します
受験準備

子供の成長に重要なパパとの関わり

大人になった子供がイメージする理想の男性像

私を含めてパパの重要な役割は、いかに素敵なパパを演じることができるのか?
本当はぐうたらで趣味も何もない男なんだけど、今更子供と遊ぶといってもな~どうすればいいのか分からない。

違うんです、パパは役者になるしかないんです。いかに理想的なパパを演じることが出来るのかで、子供に刷り込まれるパパのイメージが将来の子供にとっての理想的な男性像となります。

男の子は、理想的な父親像として自身がなるべく父親像として刷り込まれます。
女の子は、理想的な結婚相手としての理想像として刷り込まれます。

だから、私を含めてパパは心して子育てに取り組まねばなりませんよ、いや、マジで本当に!

パパとの関わりが非常に重要

Goodなパパの休日例

休日は朝からアクティブで、ママと子供が起きる前に朝食の準備
ママと子供の頬に軽くキスをして爽やかにお目覚め

さあ、朝食を食べたら公園に行くよ~今日は車で小金井公園へ行くよ~
すでに車には、簡易テント、ボールなどの遊び道具、お昼寝用のブランケットを積んであるので、後はお弁当を持って出発

公園についたら、広場の隅に簡易テントを張ってベースを作ったら、さあ、存分に遊ぶぞ~

汗だくで遊んで、お弁当食べて、お昼寝して、また存分に遊んであっという間に夕方になりました。
パパと遊ぶのって楽しい~子供は大満足で、いい思い出となりました。

Badなパパの休日例

社畜なパパは休日に寝溜めするのが楽しみで、子供には興味がありません。

ママも呆れているので朝になっても起こしません。

ようやく昼に起きてきたので、子供は公園に連れて行って欲しいと頼みますが、ママと行っておいでと拒否
ソファーに横になってゴルフ番組を見ています。

仕方なくいつも行っている近くの公園へママと行くのでした。

パパと子供の関係は一朝一夕では築けない

パパとの触れ合いの積み重ね

男の子も女の子もパパと触れ合って欲しい。遊んで欲しいのです。

遊びとは何か?それは、生きるための術を教えること。人間が太古の昔、猿だった時から、親が遊びを通じて生きる術を教えてきました。

特に父親が教えることは、身の危険をかわすのに必要であったり、食料を確保するのに必要だったりと生物として重要なことです。
現代人だって同じ、パパが遊びを通じて、ママから教えて貰えない生きる術を学びます。

なので、大きな公園で遊ぶもよし、プールに行って遊ぶもよし、日曜大工で親子協力して何かを作るもよし、遠出をして高尾山登頂を目指すもよし

普段ママとの遊びでは体験することが出来ないことをして遊びましょう。

パパのイメージが男性像となる

男の子も女の子も身近な男性であるパパのイメージがそのまま

男性像

になります。

潜在意識に刷り込まれるので、Goodなパパ像もBadなパパ像も良い悪いなくそれがイメージとなるから注意です。

将来、自分がパパになったときの参考にしたり、結婚相手を選ぶ際の参考にしたり、潜在意識の奥で行います。

パパ達は一度子供達との関わりを見直した方がいいと思いますよ。

この記事を書いている私が襟を正そうと思いました。