いとしの早生まれKIDS
早生まれの娘を私立小学校へ合格させた四十路ママパパが
早生まれの子育てを発信します
読書

すべてのお子さんにオススメのKindleキッズモデル

Kindleキッズモデルレビュー

 

製品発表日に予約をしており、販売を心待ちにしていました。
Kindleキッズモデルの発売日は令和元年10月30日でした。

子ども向けの書籍が読み放題になるというこのモデル、実際にどうなのか?
実機が我が家に届いたのでいじってみたいと思います。

Kindleキッズモデル実機ハンズオン

パッケージ

パッケージは非常にコンパクトにまとめられていて、過剰包装は止めましたという感じです。

     ご覧のとおり、パッケージデザインは子どもに媚びてなくスッキリしています。

実際は大人が買って子どもへプレゼントするものなので、大人への商品訴求力を追求しているのでしょうね。

ハリポタシリーズが読めるのはスゴくポイントが高いと思う。ハリポタシリーズのハードカバーを持ち歩くのはなかなかタイヘン。Kindleキッズモデルなら軽々かばんへ。

さてキッズモデルの開封

パッケージ内は結構タイトに商品が封入されています。

封入されているのは

  • 本体
  • 取り扱い説明書
  • USBケーブル

で、ACアダプターはありませんので別途用意する必要があります。手持ちのスマホ充電器で代用できるので、無い無いとあわてないで大丈夫です。

本体を持って感じたのは、さすがKindleしっかりした触感です。

コンパクトなボディはぎゅっと詰まった感があり、プラスチック製ながら高級感があります。

fire7の軽くていかにもプラスチックという安っぽさはありません。

秀逸なケース

付属のケースも秀逸で気に入りました。

こうやって折り返した時に、マグネットでパチッと止まるので非常に持ちやすいです。

本体もコンパクトなので小さな子供の手にもなじむのではと思います。

ディスプレイなどの仕様

フロントライト付きの電子ペーパーなので印刷と間違うほどキレイ・・・

うーん、確かに白黒液晶にはないコントラストで見やすく印刷物に近い感じですが、解像度が低いので少し荒さがめだつかな?及第点ですね。

ちょっと拡大撮影をするとフォントドットのガタガタかわ見えてしまいます。
肉眼では活字というよりプリンターで印字したコピー用紙のフォントに近い感じですかね?
なので、肉眼での判別限界点の300dpiは欲しかった。


※Amazon公式サイトから仕様表を引用

キッズカバー含み288グラムは軽いですね。毎日持って歩いても苦になりません。

読み放題書籍はどんなもの?

我が娘は小学1年生なが4年生くらいのレベルの本を読んでしまうので、設定年齢を小学中学年くらいにしています。

その上で表示される書籍は

分類ごとに分かれていて、書籍を探しやすいです。

伝記を選択して一覧表示。興味のある話を漫画で読むことが出来ます。


※Kindleキッズモデル紫式部から引用

子供文庫を選択すると、文章文字ベースの書籍を読むことが出来ます。

あっ、ハリポタシリーズもしっかりありますね。

あれ、名探偵コナンて漫画?漫画が読めるのはイヤだな~


※Kindleキッズモデル小説版名探偵コナンから引用

漫画じゃなく小説版コナンでした。小説ならたくさん読んでOK
全ルビなので低学年も読めます。

Kindleキッズモデルのメリット・デメリット

メリット

  • 本体が軽く子供が苦にならない重さ
  • 本体の作りはしっかりしていて高級感あり
  • キッズモデル専用のカバー付き
  • 一年間は追加料金がかからず書籍を読み放題
  • ハリポタシリーズが読める

    ※写真はAmazonから引用
    この量が手のひらサイズの電子書籍で楽しめます
  • ゲームなどのエンタメは使えないので読書に集中できる
  • 2年間の保証付き

デメリット

  • 本の匂いとか手触り重さ厚さといったアナログ感覚がないので、本の感触が好きな人には物足りないかも
  • ゲームなどのエンタメは一切使えないので物足りないかも

メリット、デメリット双方にゲームなどのエンタメは使えないを入れました。

目的が違うならどちらもメリット、デメリットになりうる特徴だからです。

パパ
パパ

エンタメが必要なら、Fireのキッズモデル

エンタメが不要ならKindleキッズモデルがオススメ

オススメ度

Fireキッズモデルはゲームやビデオのエンタメ機能があるから子供には与えられないと考えていたパパママへオススメできる待望のKindleキッズモデルと考えます。
エンタメ機能が一切無いので読書に集中できますし、漫画も限定的な収録となっています。

さらに軽くて作りもしっかりしているので持ち運び楽々ですし。万が一壊れても2年間は交換無料。

一年間の会費込みの価格なので、毎月本を1000円分買っているご家庭なら元が取れちゃいます。
ハリーポッターシリーズだけでも元が取れますよ。

パパ
パパ

無料書籍がどのタイミングで供給され続けるのかが分からないので、興味のある本を読み尽くすという事は無いのかな?
それだけが心配ですが、ハリポタ読み放題はやっぱりスゴイ

ぜひとも子供の読書習慣付け、誕生日プレゼント、クリスマスプレゼント、お年玉に一台どうですか?