NANJCOIN

画期的なNANJ_SDK発射

NANJホルダーもそうじゃない人も待ちに待ったNANJ_SDKが正式に発表されました。

正式に発表されたのですが、何が画期的で今後何が出来るようになるのかイマイチ良く分からず、拍子抜けしたわ~という人もいるのではないでしょうか?

実際、せっかくNANJ_SDKが発表されたのに、NANJCOINの相場は下落しています。

そんなNANJ_SDKのポイントを今一度整理して分かりやすく、例によってざっくりと解説したいと思います。

NANJ_SDKが画期的な理由

いやいや、言うほど画期的なの?画期的と言って煽って価格を吊り上げようとしているんじゃないの?

と疑いの目で見る人いませんか?いやいやホントに画期的なんですよ。

先ずは基本コンセプトをご覧ください。

Walletプログラム作成の簡略化

通常、プログラムを開発する場合、内部で動く仮想通貨をやり取りするためのキモとなる部分やユーザ実際に触るインターフェース部分すべてを一から作成しなければなりません。

しかしながら、NANJ_SDKはそのキモの部分がすでに出来上がっているので、プログラマーはインターフェース部分等を作成すれば済みます。
プログラマーのリソースを他に充てることが出来るんです。

うーん分かりにくいですか?

プラモデルの例

プラモデルを作る人はいますか?昔のガンプラは白一色だったので

  • 小パーツ毎に組み立て
  • マスキングして着色
  • すべてのパーツを組み上げ
  • 各種調整、塗装のよりリアル化、ジオラマ化

をしてプロモデルが完成していました。

一方21世紀のガンプラは、すでに着色してあるので、だれもが組み立てればキレイなプラモデルとなります。

この着色を施しているところがNANJ_SDK

  

分かりにくいですか?

お弁当の例

子どものお弁当を毎日作るのって大変ですよね。 スーパーに行くと、おかずが冷凍食品になって棚に陳列されています。

好きな冷食を組み合わせてお弁当箱に入れ家庭で作ったおかずや、焚いたご飯を詰めてお弁当の完成

この冷凍食品群がNANJ_SDK

面倒な部分を作ってしまえば、後は仕上げるだけという訳です。

面倒な送金システムを簡略化

イーサリアムトークンを送金する場合、GASとしてイーサが必要になります。GASとは手数料のことで、イーサが必要になるのはイーサリアムトークンの宿命でもあります。

例:日本円を送金するのにドルが必要?

三菱東京UFJ銀行の自分の口座から知人のゆうちょ口座に日本円を送金するのに

アメリカドル(USD)が必要

となりました。

今後、自身の口座にアメリカドルを入金しておいてください。

みたいなことになったらおかしいですよね!

この状況を元に戻すのがNANJ_SDKです。

イーサでの送金手数料を無くして、NANJでの送金手数料を支払えるようにするのがNANJ_SDK

手数料は送金額の1パーセントで最低送金価格の1000NANJなら10NANJ

0.5パーセントはウォレット開発者へ

0.5パーセントはNANJ株式会社へサーバー運営代金として

支払われることになります。

何を書こう!256文字以内のメッセージ

送金時に256文字以内のメッセージを添付することが出来ます。

メッセージの内容もブロックチェーン上に記録されます。

使い方次第では、簡単な契約にも使えそうですし、寄付をした場合の税の証明にも使えそうです。(税の証明は国が認めればの話で今のところ未知数)

間違っても、熱い内容の恥ずかしいラブレターなんて送らないように!誰もが見ることができるブロックチェーン上に記録されるうえ削除も出来ませんから(笑)

その他の画期的要素

  • QRコード、NFCによるウォレットアドレスの読み込み
  • NANJ/日本円の概算を自動計算
  • NANJ送受信の履歴取得
  • 秘密鍵の保存
  • 秘密鍵によるウォレットの復元

これらの機能を、自己開発しないでNANJ_SDKにより利用可能ですから、開発人件費の削減や開発期間の圧縮につながり、数多くのウォレットが世に出ると予想します。

NANJ_SDKを使いたい方

これまでのざっくりした説明で、NANJ_SDKを使ってみたいとおもったプログラマーの方。
または、法人でNANJ_SDKを使ってみたいと検討している場合は、NANJ_SDKのサイトを参照してください。

NANJ_SDKプロジェクト公式ページ

NANJ_SDKの概要と、NANJ_SDK利用登録ページのリンクが置いてあります。

利用するには利用規約をよく読み、納得してから登録利用して下さい。

NANJ_SDKが仮想通貨の未来を変える

画期的なNANJ_SDKにより、アプリ開発が容易となったいま、各種決済に仮想通貨を使わない理由は無くなりました。

スマートコントラクトによる送金記録は改ざんが不可能な上に公開される情報なので極めて透明性が高い。

そんなイーサリアムトークンシステムを様々な決済に使えるチャンスです。

閉塞感あふれる日本経済を再生する可能性を秘めているNANJ_SDKを採用することで、日本経済の発展に貢献できる上に、全世界に向け貴殿貴社のアピールが仮想通貨により可能となるのです。

さあ、NANJ_SDKでワールドワイドなビジネスチャンスを鷲掴みにして、NANJと共にMOONしようでありませんか!!


↓↓↓ブログランキング、よかったらポチって下さい。

仮想通貨ランキングへ