仮想通貨に関連した技術

MyEtherWalletハッキング問題

MyEtherWalletがハッキングされたと騒然となっています。

正確に言うとMyEtherWalletがハッキングされたと訳ではないのですが、オンラインウォレットの危険性はっきりとしました。

どうしてこの問題が起きたのか?どうしたらいいのか解説します。

DNSという住所録の不正書き換え

インターネットはIPアドレスという番号(123.456.789.123←こんな番号)で管理しています。

これだと人が分かりにくいので、ドメインネーム(yahoo.co.jp←こんなやつ)が発明され、IPアドレスとドメインネームを変換する住所録(ドメインネームサーバー略してDNS)が作られたのです。

ブラウザーにyahoo.co.jpを入力すると、DNSの住所録を参照してIPアドレスに変換、目的のページへ移動するというプロセスを取ります。

今回、このDNSの住所録が書き換えられ、MyEtherWalletのドメインをIPアドレスに変換すると、フィッシングサイトへ移動するようになっていました。

フィッシングサイトを使ってログインすると、MyEtherWalletの秘密鍵を盗まれて、仮想通貨が盗まれるということになります。

MyEtherWalletを使っている人はどうすれば?

心配ですが、慌ててログインしてはいけません。

秘密鍵が盗まれる可能性が高いです。

MyEtherWalletの公式発表を待ちましょう。

もし、どうしても残高を確認したければ

にアクセスして、自身のウォレットアドレスを入力検索してみて下さい。

残高が分かります。

残念ですが、自身のウォレットアドレスが分からないと、確認方法は無いのでMYEtherWallet公式発表を待ちましょう。

なお、今回の問題は、HB Walletは関係ありません。

2018年4月25日(水)午後9時33分更新

MyEtherWallet安全宣言

一応、安全宣言を出して、オフライン版の利用方法等を勧めていますが、全て英語

日本は関係ないから日本語で解説しないのでしょうか?

日本は関係ので説明なしはどうかな~

で、やはり、オンラインウォレットは危険なので

HB Walletへ登録、資金を移動しよう

スマートフォン内に秘密鍵を保管するので、オンラインウォレットよりは安全です。

水没や紛失対策しておかないとセルフGOXする可能性はありますが。

詳細は、私の過去記事を参考にしてください。

https://mr-gigio.com/bitcoin_fx/2018/02/28/nanjcoinのウォレットはhbwalletで決まり!!/

私自身、HB Walletを入れていたスマホを水没させてしまいましたが、パスコードを書き留めて保管していたので、無事に復元できました。

危うく、数百万NANJをセルフGOXするところでしたが、大丈夫でしたよ。


↓↓↓ブログランキング、よかったらポチって下さい。

仮想通貨ランキングへ
こんな記事も読まれています