仮想通貨に関連した技術

【驚愕】ウォレットに仮装通貨は保管されていない

NANJCOINのウォレットってなにを使っていますか?HBWallet?MyEtherWallet?皆さんそれぞれ好みによって使っているウォレットが違うと思います。

NANJホルダーは公式ウォレットが出たら、おサイフ代わりに手軽に使うんじゃないかと思います。

今回はそのウォレットについてざっくり考えてみたいと思います。

そもそもウォレットってなに?

仮装通貨のウォレットとは、ブロックチェーンに取引情報を書き込んだり自身のアドレスの仮装通貨を確認するのに使います。

また、取り引きするのに便利な機能

  • 自身のアドレスをQRコードで表示
  • 送信先のアドレスQRコードをカメラで読み込む機能
  • 送信したアドレスを保存しておく機能
  • NFCを使ったアドレス交換
  • ウォレット復元機能

等々

これらの機能を搭載して一般的にウォレットと呼んでいます。

ウォレットに保存しているものとは?

勘違いされている方も少なくないと思いますが、ウォレット内に仮装通貨は保存していません。

何かわからないけど、仮想通貨っちゅーものがダウンロードさて保存されているとイメージしてしまいますが、なにもダウンロードされません。

では、何を保存しているのかというと、自身のアドレスとその秘密鍵です。

ちょっと分からなくなってきましたね

  • アドレス=銀行口座番号
  • 秘密鍵=暗証番号

と覚えておけば何となくイメージできると思います。

ブロックチェーンを既存の銀行ネットワークと考えるとわかりやすいです。

ATMを操作したり、オンラインバンキングで送金をしたりする場合、自身の口座に入っている残高から送金したい金額を指定して、相手先の口座番号を入力して送金します。

つまり、実際のお金は手元にないのに、自身の銀行口座に入っているお金を遠隔で操作して

取引したというデータ

をATMネットワークに流して相手に送金しているんです。

仮装通貨も同じようなことをしています。実際にウォレットの中にはお金はなく

ブロックチェーンのアドレスに残高と取引記録を書き込む

それを操作するツールがウォレットというわけです。

秘密鍵を無くしたら?

暗証番号である秘密鍵をなくしたら一切の取引ができなくなってしまいます。
しかも、ブロックチェーンの管理者はいませんから、秘密鍵の再発行も絶対にできません。

セルGOXですね。なので、秘密鍵は絶対に無くさないように保管しておく必要があるんです。

  • パスフレーズを手書きで書き出しておく
  • ハードウェアウォレットに秘密鍵を保管
  • 紙に印字する

HBWalletはパスフレーズで秘密鍵を書き出す機能があります。
なので、パスフレーズさえあれば復元が可能なんです。

スマホ版ウォレットに高額の仮装通貨を入れていた場合にスマホを無くしてしまったらどうしますか?
またはスマホが水没した場合どうしますか?

最悪、秘密鍵のバックアップがあればキャリアのサービスで遠隔によりスマホを初期化してしまえば、仮装通貨は盗まれません。

そして新たなスマホに新たなウォレットをインストールして、パスフレーズで復元すれば、あら不思議元通り!!
ウォレットに仮装通貨を保管していないからできることなんです。

ウォレットの復元については私の過去記事をどうぞ

なので、もしも秘密鍵を保管していなかった場合は、残念ながら復元する手立てはありません。

今回のまとめ

  • ウォレットとはブロックチェーンに取引記録を書き込むためのもの
  • ウォレットには仮想通貨は保存されない
  • 保存されているのはアドレスと秘密鍵
  • 秘密鍵はバックアップしておかねばセルフGOX

秘密鍵なんてバックアップしていないよ~って人

今すぐバックアップを取っておいて~


↓↓↓ブログランキング、よかったらポチって下さい。

仮想通貨ランキングへ
こんな記事も読まれています