ベルベット子ども教室
(奮闘するパパのブログ)
早生まれの娘を私立小学校へ合格させた四十路パパのブログです
お話し作り

【寝る前に作ったお話】空を飛んでみたいハムスター

日課になっている寝る前に作るお話を文章化しています

 

寝かしつけの時、娘は電気を消した後に必ずお話をつくってと言います。
その際に、パパが即興でお話を作るのですが、娘がお題を決めてくることがあり、パパはお題を元にお話を作成するということに・・・

さらに、パパ眠かったりすると即興のでお話はグダグダに・・・

今日は、ハムスターとインコとペガサスのお話作って~っておい、動物3匹(頭)登場で一頭は想像の動物w
よーし楽しいお話を作るぞ!

記事にしたお話に関して、著作権は放棄していませんので、無断使用は禁止します。

ですが、読者自身のお子さんの為に使用する等、個人的に使用する場合はご自由にどうぞ。

商用利用されるほどのクオリティはありませんが、万が一商用利用されたい場合は無断使用は禁じTwitterを通じて連絡をお願いします。

空を飛んでみたいハムスター

ハムスターの夢

丘の頂上にのぼっていつも空を見ながら夢見ているハムスターのハム君。

「あの空を飛べたらどんなにすごいんだろう、気持ちいいんだろうな」「僕は空の向こうに飛んだらやりたいことがあるんだ、どうしたら飛べるのかな?」と、ぶつぶつ言いながら、短い手足をバタバタさせてぴょんぴょん飛び跳ねてみました。

当然に飛べるわけがありません。
ハムスターに羽がついていないのですからね。

インコが飛ぶ方法を

そんなハムスターを見ていた友達のインコのインちゃんは「ハム君ぴょんぴょん飛び跳ねて何をしているの~」と空を飛びながらきいてきました。

ハム君は「君みたいに空を飛びたいのさ。そうだインちゃんの羽をちょうだい」と答えると
インちゃんは「だめだめ、私が飛べなくなっちゃう。でも、あの山の頂上に住んでいるペガサスにお願いすると、誰でも飛べるようになるらしいわ」と教えてくれました。

ペガサスに会って

早速、インちゃんが教えてくれた山に登ることにしました。しかしその山の険しいことけわしいこと。三日三晩かかって、ふらふらになりやっと頂上に着くことが出来ました。

頂上にはインちゃんが言うとおりペガサスが住んでいました。

ハム君が頂上に到着するのを待っていたかのように「ハム君は何をしにここまできたのかね」とペガサスが言いました。
ハムくんは「僕は空を飛びたいのです。空を飛べるようにして下さい」とペガサスに言うと、望み通り空を飛べるように羽をつけてくれました。
やった~

ハムスターがやりたかったこと

空を飛べるようになったハム君は、早速インちゃんの元へ飛んでいきました。
「インちゃん飛べるようになったよ~」とうれしそうに言うと、「僕は行くところがあるからじゃあね~」と空の向こうに飛んでいってしましました。

空の向こうに飛んでいったハム君がやった事は・・・
割り箸に雲をつけて砂糖を振りかけてもぐもぐ・・・おいしい~
雲を綿飴にしてお腹いっぱい食べたのでした~
よかったねハム君

お話を作ってみて

今回も途中で眠くなり・・・
パパ続きは~と言われる始末
途中何を言っているのか分からなくなりながらも、なんとか最後まで作りました。

パパの適当話は楽しいみたいで、いつも楽しかった~また作ってねと言ってくれます。
ハハハ、娘よ半分寝ながらの話だからね
なんの脈略もなく、文章構成もおかしくてすまん