MONA

【初心者もベテランも】いまさら聞けないMonacoin(モナコイン)

さて、昨年暮れから草コインブームが訪れ、私もすっかり流れに乗りXPとBitZenyを買いました。

その他、TRON、Verge等の草コインを買って、そこそこ儲けも出しましたので、草コイナーとしてはこのひと月の結果は大満足であります。

しかし、最近何かを忘れてるような気がして、なんだっけ?

あ˝ぁぁ、モナコインの紹介を全くしていませんでした。

モナコインホルダーなのにすいません。

ですので、今回は、モナコインについて簡単にまとめてみたいと思います。

Monacoin(モナコイン)とは?

Monacoin(モナコイン)の技術情報

Monacoin(モナーコイン・モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ氏、2chpool )によって開発されている日本初の暗号通貨です。

モナコインの仕様を簡潔にまとめますと、以下の通りです。

仮想通貨仕様対比表
Monacoin Bitcoin
平均ブロック作成間隔 およそ90秒 およそ10分
発行総数 1億512万枚 2,100万枚
通貨単位表記 MONA BTC
マイニング方式 PoW PoW

モナコインは、ビットコインと同じマイニング方式を採用しているので、普通のパソコンでのマイニングは出来ません。残念です。

高性能CPU、高性能グラフィックボードを搭載した超高性能コンピューターを用意すればマイニングは可能と考えますが、費用対効果を考えると現実的ではありません。

ビットコインと比較して、平均グロック作成間隔を見ると

モナコインは 90秒

ビットコインは 10分

と、モナコインのブロック作成間隔はものすごく早いのが分かります。

なので、実際の決済時間も非常に早く完了するのです。

Monacoin(モナコイン)の名前由来

名前の由来となったのは2ちゃんねる発祥のアスキーアート「モナー」

モナーは、匿名掲示板2ちゃんねるなどの電子掲示板でよく用いられる、アスキーアート(AA)によるキャラクターの一種である。正式名称は「オマエモナー」。

よく「2ちゃんねるの」といわれるが、発祥は2ちゃんねるではなくあめぞう、あるいはあやしいわーるどだとされる。また本来モチーフは猫ではなく、「猫のようなのような謎の生物」であるとされる。現在では2ちゃんねる内でも「」と呼ばれることがある。

※Wikipediaから引用

ちなみに、こんなアスキーアート

Monacoin(モナコイン)の作成者

Mr.Watanabe(わたなべ氏、2chpool )氏

とされているが詳細は不明。

現在は、Monacoin Projectという有志団体がプログラムの開発を行っているが

ABOUT MONACOIN

モナーコイン(モナコイン)は2013年12月に誕生した日本初の暗号通貨です
有名なアスキーアート、「モナー」をモチーフにしています

モナーコインは誰かが管理・運営する中央集権型ではなく、各ユーザーのPCで実行されるクライアントプログラムによって維持される完全分散型の決済システムです

暗号通貨は世界的に投機的な面が強い傾向にありますが、モナーコインはユーザーによる様々なサービスの開発や、神社の建立、語呂合わせの投げ銭等、他のコインではあまり見られない使われ方が定着するなど、コミュニティ主体で発展を続けている暗号通貨です

プログラムはMonacoinprojectにより開発されていますが、コインの発行や運営は行っていません
Monacoinprojectは現・元2ちゃんねる運営、および関連会社とは一切関係ありません

※ Monacoin Projectから引用

と公表している。

Monacoin(モナコイン)のポテンシャル

Monacoin(モナコイン)って名前からしてオタクで怪しいよね!

って思っている人、それ、間違いですよ。

Litecoin(ライトコイン)をベースにつくられており、非常に高性能。

世界発のSegwitを実装したコインでもあり、前述の認証時間の速さもあり、非常に高性能。

名前だけ聞くとおふざけかなと思ってしまいますが、マジメに作られているのです。

Monacoin(モナコイン)の伸びしろ

もう、だいぶ上がったし、これ以上伸びないっしょ!

仮想通貨の世界、何を原因に高騰するかわかりませんが、ベースとなったLitecoinは

2018年1月10日(水)現在

31280円

で取引されているところを見ると、Litecoin位の価格になる伸びしろはあるんじゃないかな。

アメリカ市場へ上場?!

アメリカの大手取引所ではMonacoin(モナコイン)を扱っていないので、草コイン扱いです。

なので、アメリカ市場へ上場すれば、高騰するのではないかといわれています。

なので、去年の暮れにBitflyerがアメリカに進出した時は

Monacoin(モナコイン)アメリカ市場上場か?

と、期待感だけで高騰しました。

おそらくBitflyerも諦めていないと思うので、アメリカ市場上場した時は高騰するでしょう。

bitFlyer USAが11月29日にサービス開始と発表され、プレスリリースの中に

2018 年前半には Litecoin、Ethereum、
Ethereum Classic、Bitcoin Cash などのアルトコインの取扱いを予定しています。

※ソース:

https://bitflyer.jp/pub/bitlicense-and-the-united-states-open-ja.pdf

Bitflyerのプレスリリースがダウンロードされます。

と記載されていました。

などのアルトコイン?モナコインしかないでしょ。

さらに

2018年1月5日には、Bitflyerの代表取締役の加納氏がTwitterで

で、つぶやき、何が上場するかちょっとした騒ぎになっています。

日本市場と言ってないし、配布コインがモナコインであることから、もしかしたら

いやいや、まさかまさか、そんなそんな!

アメリカ市場でモナコイン上場?

と予想してます。

外れたらごめんなさい。あくまでも私見で根拠はありません。

希望的な意見なので(汗)

でも、早かれ、おそかれ、今のうちにMonacoin(モナコイン)を買っておきましょう。

Monacoin(モナコイン)のコミュニティ

AskMona

AskMonaは2ch形式の掲示板サイトで、モナコインに特化して、掲示板の書き込みに対してコインを投げたりすることが出来ます。

モナコイン誕生も、掲示板からという経緯もあり、モナコインを愛するひとが日々集まって盛んに議論されています。

掲示板のユーザーには、何故か段位制が採用されており、コインを投げたり受けった量に応じて、昇段するようですが、段位に意味はなく、どれだけモナコインを愛しているかのバロメーターになっている模様。

Monappy

ウォレットサービス、決済サービスを主としていますが

ピクプレ、メモログに作品や記事を投稿して投げ銭を貰う!

Monappyには絵や文章を投稿して投げ銭をしてもらえる機能があります!

↑のツールバーの、絵のアイコンが「ピクプレ」ペンのアイコンが「メモログ」です。

この解説文も「メモログ」の機能で書かれていますので、下のコメント欄から投げ銭が出来ますよ! モナコインをお持ちの方はぜひ試してみましょう!

※Monappy公式サイトより引用

 絵や文章を投稿して投げ銭をもらうという事も出来、盛んに投稿されています。

麻雀大会(天鳳)

麻雀で優勝するとモナコインがもらえるそうです。

誰でも無料で参加できるので、腕に自信がある人は振るって参加を。

Twitter

Twitter上のbot機能を使って、投げ銭が出来るようで、盛んにやり取りされています。

使い方は

・操作は全てツイートで行う

基本的な操作は全て@tipmonaに対するリプライで行います。

1.送金

@tipmona tip @相手のtwitterID 金額(半角数字) コメント
(スペースは全て半角)

tipの部分は もな モナ もなげ モナゲ に置き換えても動作します。


2.残高を確認する

@tipmona balance

または

@tipmona 残高


3.自分のtipmonaアカウントに入金する。

@tipmona deposit

もしくは

@tipmona 入金


4.tipmonaから出金する

@tipmona withdraw 金額 アドレス

もしくは

@tipmona 出金 金額 アドレス

※https://monappy.jp/memo_logs/view/monappy/123

から抜粋引用

簡単ですので試してみるときっとハマりますよ。

モナコインちゃん

モナコインのキャラクター

前述のTwitterのbotのキャラクターにも使われています。

monappyの中でも多数イラストが公開され、興味があればみて、投げ銭してください。

Monacoin(モナコイン)が使えるところ

パソコンショップark

うなぎ料理専門店 川昌

Monappy

私の過去記事ですが、コミケでの決済にも使えますよ。

面白いのが、うなぎ!!

個人的に行ってみたい。

あと、探せばまだまだありそう。

※2018年1月10日(水)22時10分現在追記

モナップ(MONAMAP)

Monamap(モナップ)

モナコインが使えるところも登録する公開マップです。

モナコインはどこで買える?

もし、これから仮想通貨に参入しようと考えている人は、モナコインの取引所で手数料が安いZaifがオススメです。

販売所で手数料が多く取られますが、初心者でも簡単に買えるBitflyer
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

がおすすめです。

どちらも、日本国内の取引ですから安心して取引ができます。

前述のとおり、モナコインが上がらない要素はないので、今のうちに手に入れておいた方がいいと思います。


↓↓↓ブログランキング、よかったらポチって下さい。

仮想通貨ランキングへ
こんな記事も読まれています