NANJCOIN

eスポーツへの投げ銭がNANJCOINを進化させる

eスポーツと投げ銭の親和性が高く、新たなスポーツ観戦の幕開けを予感させました。

今後NANJCOINがもたらす最高なスポーツ体験を妄想してみます。

なお、私は酷いスランプ中です。

大好きなブログを更新しようにも記事作成が進みません。

公開できないくそ記事の量産を繰り返しています。

なので、妄想は私は非常に得意なので、その妄想でスランプを切り抜けようという作戦です。

選手と非常に近く一体感が強いシステム

Jリーグではサポーターは選手の一員として、選手とより近い位置で活動をしています。

Jリーグの、選手に近い位置にいる応援というのはスゴく画期的で根強い人気を支える要因でもあります。

しかし、eスポーツで体験した、選手と常に近い位置にいて、直接選手を投げ銭という形で応援出来るという体験をしてしまうと、eスポーツ観戦は新世代のスポーツ観戦と言わざる負えません。

  • 選手がSNSに登場
  • 試合前の選手をSNS上で送り出し
  • 試合前に激励で投げ銭
  • 試合を見て応援しながら投げ銭
  • 試合後、御祝儀に投げ銭

知らない人が見ると、銭ぜにゼニって銭ゲバか!と思うかも知れません。

でも違います。

それは、スポーツという最高のエンターテイメントを提供してくれた選手に対する対価を支払ってい敬意を表している、そして選手は直接投げ銭をしてくれたことにより、モチベーションがあがり、最高のパフォーマンスを発揮する。

スポーツ界にとっての革命が起きた歴史的瞬間に我々は立ち会ったのです。

投げ銭システムの広がり

このNANJCOINの応援システムが、Jリーグや野球、器械体操、さらにアマチュアスポーツにも浸透すると、人びとが楽しむスポーツというエンターテイメントは次世代のバージョンへ進化するに違いありません。

今風の言い方をすると

スポーツ2.0

といったところでしょうか。

例えば、Jリーグの場合

元々、選手とサポーターが近い位置にいたJリーグは親和性は高いと思います。

  • 選手がシュートを決めたら投げ銭
  • インターセプトで投げ銭
  • キーパーのキャッチングで投げ銭

チームが勝てば当然全員に投げ銭

例えば、プロ野球の場合

イナゴ9段ニキがTwitterで発言したように、プロ野球で投げ銭用のウォレットがついた入場券を売って投げ銭。

面白そうです。

  • ヒットを打って投げ銭
  • 三振とって投げ銭
  • ホームランで投げ銭
  • スクイズを決めて投げ銭

野球の実況中継と共に投げ銭の状況も合わせて実況中継したら盛り上がる盛り上がる。

例えば、オリンピック(器械体操)の場合

オリンピックでNANJCOINの投げ銭システムが採用されれば、本当に盛り上がると思います。

例えば器械体操

器械体操鉄棒個人決勝

さて、NANJ選手の鉄棒決勝の演技が始まりました。

これまで、トータル200万NANJを得ているNANJ選手が決勝でいくら投げ銭が有るかも注目ですね。

小技のたびに投げ銭を受け

ここで、NANJ選手、伸身のコールマン(カッシーナ)を決めました。

この瞬間、100万NANJの投げ銭がありました。一体総額いくらの投げ銭があるんでしょうか~

そしてフィニッシュへです、伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ~

着々もピタリと決めました。

優勝です、NANJ選手優勝です。投げ銭も止まりません。いまの時点で400万NANJです・・・

なんて、器械体操の状況中継が近い将来実現するかも知れません。

アマチュアスポーツの例

アマチュアスポーツで投げ銭?

この例は、一般を対象とした投げ銭による広報活動に近い。

広く一般へNANJCOINの楽しさを知ってもらうために

東京マラソンでQRコード付きNANJゼッケンをつけて走ったら、タイムに応じてNANJCOINを配布

というイベントを開く。

一般のランナーもNANJの面白さに気づいて、益々NANJCOINを使ってくれるように!!

NANJCOINドリーム

スポーツ界に訪れたNANJCOINドリーム

イナゴ9段ニキ我算出した結果によると

もし、NANJCOINが1,680円になったと仮定すると、手に入れた額は

98億円

NANJCOINドリームと呼ばずしてなんて言えばいいのか!!

今回の成功から、是非とも他のスポーツからのコラボが相次ぎ、NANJCOINがメジャーになるといいですね。

お付き合いありがとうございました。

それではまた!


↓↓↓ブログランキング、よかったらポチって下さい。

仮想通貨ランキングへ
こんな記事も読まれています